職務経歴書の書き方・記入例|飲食店の求人

職務経歴書の書き方・記入例

職務経歴書は履歴書だけでは伝わらない、これまでの経験業務や仕事内容を詳しく、具体的に記載するものです。採用担当者があなたの職務経歴書を読んで、「今までどんな仕事をしてきたのか」、「任せられる仕事は何か」を判断できるように出来るかぎり具体的に、丁寧に作成しましょう。

マップ
マップ

1タイトル・日付・名前

職務経歴書のタイトルや日付、氏名は最初に採用担当者の目に入る箇所です。ここで不備があると、中身を見る前にマイナスな印象となる恐れがあるので記載漏れや誤字などに注意しましょう。

2経歴要約

これまでどのような仕事をしてきたか、どのようなことを学んだかなどを簡潔にまとめる箇所です。経歴要約はいわば、あなたの「あらすじ」であり、読み手(採用担当者)に対し「あなたへ興味関心を引き付ける箇所」ともいえます。
採用担当者の視点でいえば、冒頭に経歴要約があるのとないのでは、書類選考において「目に留まる可能性」に差が出てきます。ただし、長文すぎると逆効果になる恐れがあるので3行~5行程度を目安にすると良いでしょう。

3職務経歴

あなたがこれまでどんな会社で働いてきたかを知ってもらう箇所です。採用担当者はすべての業種・業界に精通しているわけではないので、働いている(働いていた)会社の業種・業界、会社名、主な事業内容、企業規模(売上高、従業員数など)を記載すると伝わりやすくなります。在籍期間も忘れずに記載するようにしましょう。
尚、働いた会社が2社以上ある場合は新しい順から記載します。

4業務内容

あなたがこれまで働いてきた会社で、どのような仕事をしたか、どのような業務を担当したか、経験や取り組みを詳しく記載する箇所です。経歴要約で簡潔にまとめたことをかみ砕いて記載するイメージで、応募会社(採用担当者)が「この人なら活躍してくれそうか」、「うちの会社でも頑張ってくれそうか」といったようなことを判断するための材料になります。

5自己PR

履歴書に記載している場合でも、職務経歴書にも念のため記載しておくことをオススメします。内容は同じでも構いませんし、肉付けしても良いでしょう。ただし、履歴書で記載している内容と矛盾するようなことがないように注意しましょう。

[職務経歴書のポイント]

  • 職務経歴書は応募した会社ごとに用意する(使いまわさない)
  • 日付や期間の年号は西暦・和暦どちらかに統一する
  • 職務経歴書はPCでの作成がオススメ
  • PCで作成する場合、WordかExcelを使用する
  • PCで作成する場合、フォントを統一する(明朝体かゴシック体が一般的)
  • 退職理由を記載する必要はない(ただし、口頭で説明できるように整理しておく)
  • アルバイト経験のみの人はアルバイトの経歴を書く

\ NEXT /

面接の準備

関連コンテンツ

プライバシーマーク

皆様に安心してご利用いただくために

飲食店の求人を運営する株式会社パック・エックスはプライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。また、当サイトは高度な暗号通信を用いてプライバシー保護に努めています。
厚生労働大臣許可:13-ユ-306765