面接当日の持ち物|飲食店の求人

面接当日の持ち物について

面接当日に必須となる持ち物や便利な持ち物をまとめてみました。持ち物は当日に準備するのではなく余裕をもって前日までに準備するようにしましょう。忘れ物がないようにチェックシートを作り、ひとつひとつ確認すると安心ですよ。

面接当日の持ち物(必須)

履歴書、職務経歴書

これを忘れてしまっては元も子もありません。前日までに用意して当日も確認するのがベストです。仮に履歴書、職務経歴書の必要がない面接の場合でも持参して、移動時間や待ち時間に確認しながら話す内容をイメージすると良いでしょう。

手帳またはメモ帳・筆記用具

面接で気になったことや大切なことなど、聞いたことをメモできるように持参しましょう。暗記だと間違って記憶する可能性や時間の経過とともに忘れがちです。後で確認できるようにその場でメモを取ることをオススメします。尚、その場でスマホ(携帯電話)へのメモ入力は会社(面接担当者)によっては良く思わない場合もあるので、退室(会場を出てから)してからにしましょう。

スマホ・携帯電話または面接予定の会社や担当者の連絡先

スマホ・携帯電話は不測の事態に備え持参するようにしましょう。余裕を持って面接会場に向かっても、交通機関の乱れや思いもよらぬアクシデントなどで面接予定時間に間に合わない可能性があります。面接予定の会社(面接担当者)といつでも連絡が取れるようにしておきましょう。面接会場に入る前に着信音が鳴らないようにマナーモードにするか電源をOFFにすることを忘れずに。

ビジネスバッグ

持ち物から「社会人としての自覚や意識」をさりげなく見ています。ビジネスバッグに必要なモノを入れて面接に行きましょう。尚、リュックやセカンドバッグだと会社(面接担当官)によっては良く思わない場合があるのでオススメできません。

折り畳み傘、ハンカチまたはハンドタオル

突然の雨でずぶ濡れ、炎天下で汗だくなど、身なりが乱れて清潔感が台無しということにならないように、折り畳み傘やハンカチ(ハンドタオル)を持参しましょう。出発前に天気予報のチェックも忘れずに。

身だしなみグッズ ※手鏡、くし、爪切り、カミソリなど

手鏡は面接会場入りする前の身なりを最終チェックする際に便利です。手鏡がない場合は付近の公衆トイレなどの鏡でチェックし整えても良いでしょう。

面接当日の持ち物まめ知識

面接を受ける予定の会社から「面接当日は手ぶらでもいいですよ」などと言われた場合に文字通り手ぶらで行くのはあまりオススメできません。このようなケースは「気軽に来てくださいね」といった変換表現であることが考えられるからです。実際に履歴書、職務経歴書も持たずに手ぶらで行って「履歴書、職務経歴書を持ってこなかったのですか」という反応を受けた事例があります。曖昧な表現で不安を感じた場合は当日持参すべきモノを念のため確認するようにしましょう。

\ NEXT /

内定後の流れ

関連コンテンツ

プライバシーマーク

皆様に安心してご利用いただくために

飲食店の求人を運営する株式会社パック・エックスはプライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。また、当サイトは高度な暗号通信を用いてプライバシー保護に努めています。
厚生労働大臣許可:13-ユ-306765