面接の準備|飲食店の求人

面接の準備について

「備えあれば憂いなし」とはよくいいますが、それは面接においても同様で、面接の事前準備は結果に大きく影響します。特に初めての面接の場合は準備しすぎるぐらいで丁度良いです。「しっかり準備をしておけば良かった」と後悔しないように事前に整えていきましょう。

応募した会社や店舗の情報をチェックしよう

今の時代はインターネットという手軽に情報収集できるツールがあるので大変便利ですよね。企業ホームページや店舗ホームページから面接を受ける会社やお店のことをより深く調べてみましょう。そのうえで、事前に近くのお店まで足を運んでスタッフさんやお客様の様子を見ておくと職場の雰囲気を掴むこともできるのでオススメです。

ポイント

店舗見学を実施することで興味関心度の高さ+面接への意気込みをアピールできます。面接の質疑応答の中で「店舗見学に行った」ことが伝わるだけでも心象が変ってくるケースもあるので、事前の店舗見学は出来る限り実施しましょう。

履歴書と職務経歴書をチェックして面接練習をしよう

作成した履歴書と職務経歴書をじっくりと読み返しましょう。記入漏れや誤字脱字がないかどうか、特に職務経歴と志望動機はよく確認すると良いでしょう。この事項は面接の際にほぼ聞かれる質問なので想定しておくと安心です。

ポイント

ご自身の確認にプラスして客観的な意見や感想を取り入れられると尚良いです。事前にご家族や頼れる友人に履歴書や職務経歴書の添削、面接練習の協力をお願いしてみましょう。履歴書や職務経歴書、面接についてのご質問、お悩みは相談窓口からお気軽にお問合せください。

面接会場までの交通ルートをチェックしよう

当日焦らないように、面接前日までに面接会場の交通ルートを必ず確認しておきましょう。渋滞に巻き込まれたり、電車が遅延したり、道に迷ったりするなど、不測の事態を想定した余裕のあるスケジューリング、現地到着30分前くらいをオススメします。尚、面接会場入り(面接担当官を尋ねる)は「約束時間の5分前~10分前くらい」を目安にすると良いでしょう。

ポイント

尋ねる時間が早すぎても面接担当官の不在や都合がつかないケースもあるので、早く着いた場合は面接会場の場所を確認し付近で待機しましょう。その間に面接のイメージトレーニングをするなど時間を有意義に使うことが良い結果に繋がる近道です。

\ NEXT /

面接の服装・身だしなみ

関連コンテンツ

プライバシーマーク

皆様に安心してご利用いただくために

飲食店の求人を運営する株式会社パック・エックスはプライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。また、当サイトは高度な暗号通信を用いてプライバシー保護に努めています。
厚生労働大臣許可:13-ユ-306765